日本でRSI講演ツアー

今年は6月に日本に行きます。

今回はミッションがありまして、それは2014〜2015年にかけてアルク社ウェブサイトで連載した「コンピューターで仕事をする人のためのRSI対策ガイド 〜肩こり、腱鞘炎、頸肩腕症候群…仕事を続けるために知っておきたいこと~ 」で書いた内容について講演すること。最初はIJET-27仙台で話せればと考えていたのですが、成り行きで他でも話す機会ができ、最終的には約3週間の滞在中4カ所という講演ツアーに発展してしまいました。

というわけで、以下の4カ所でお話をします。「RSI対策」だと何のことだか検討がつかないという人が多いと思うので、講演ではズバリ「あなたの腱鞘炎・腰痛・肩こり対策は間違っていませんか?〜長く続けられる仕事のやり方を考える〜」と、わかりやすいタイトルにしてみました。都合がつくようでしたらぜひお越しください。

6月5日(日)

日本翻訳者協会(JAT)関西セミナー

概要:翻訳者向けセミナー
時間:15:00~17:00
場所:貸会議室U’s2(ユーズ・ツウ) (JR大阪駅近く)
費用:JAT会員:1,000円、SWET/JTF会員:1,500円、非会員:2,000円
参加登録:kat@jat.org
セミナー終了後は交流会があります。

6月9日(木)

翻訳勉強会「十人十色」

概要:メンバー限定ワークショップ
(参加募集は締め切りました)

6月14日(火)

東京ワークショップ

概要:このイベントは翻訳者に限らず、ウェブ業界など仕事でコンピューターを多用する方一般を対象に開催します。
時間:19:30〜21:30
場所:Stocker.jp / Space(渋谷駅徒歩7分)
費用:会場費1,000円+良かったらおひねり
参加登録:イベント詳細・申し込みページ

6月19日(日)

第27回英日・日英翻訳国際会議(IJET-27)

概要:2日間の国際会議で、日曜朝のセッションとして行うセミナーです。このセッション単独での申し込みはできません。
時間:9:30〜10:45
場所:仙台国際センター
費用(IJET-27):JAT会員:35,000円、非会員:40,000円、学生:8,000円
参加登録:IJET-27ウェブサイト

事前アンケートについて

なお、参加を検討している方、今回は参加できないがこのトピックに興味はあるという方を対象に、現在アンケートを実施中です。記入にかかる時間は5分程度です。
アンケートリンク: https://www.surveymonkey.co.uk/r/JFPRGFN
皆様のご回答を講演内容に反映させていきたいと思いますので、どうぞご協力ください。よろしくお願い致しますm(_ _)m

アルク連載終了

このブログは1年間放置状態になっていましたが、その間毎月更新していたアルク「翻訳・通訳のトビラ」サイトでの連載が先月で終了しました。

連載記事へのリンクをこちらのコレクションにまとめてあります。
Google+ Collection: コンピューターで仕事をする人のためのRSI対策ガイド
〜肩こり、腱鞘炎、頸肩腕症候群…仕事を続けるために知っておきたいこと〜

ご意見・ご感想等お寄せいただければ幸いです。当ブログのコメント欄またはこちらのリンクをご利用ください。
RSI連載フィードバック

今後の展開としては、加筆して書籍(電子または紙)にまとめたいなあとか、文章や写真だけでは説明しにくい内容を動画にしてYouTubeチャンネルを立ちあげたいなあとか考えてはいるのですが、とりあえずはひと休み中。

ブログの方もまたぼちぼち再開できればと思います。

 

アルク「翻訳・通訳のトビラ」で連載開始

アンケートを締め切ってから1ヶ月後の8月1日に、予告していた企画が始まりました。語学に関わる人ならお馴染みのアルク社のウェブサイトに「翻訳・通訳のトビラ」というセクションがあるのですが、その中での連載です。

タイトルは、

コンピューターで仕事をする人のためのRSI対策ガイド

〜肩こり、腱鞘炎、頸肩腕症候群…仕事を続けるために知っておきたいこと

ここをクリックすると掲載ページが開きます。↓
コンピューターで仕事をする人のためのRSI対策ガイド

連載第1回・2回は、ご協力いただいた準備調査アンケートの結果を元にした内容になっています。

日本翻訳者協会(JAT)関根マイクさんの強力なバックアップで企画が実現しました。この場を借りてお礼を申し上げます。

翻訳・通訳の仕事をしている人や志望者・勉強中の人のためのサイトでの掲載ですが、翻訳にかぎらずコンピューターのヘビーユーザーの方に参考にしていただける内容にしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

なお、連載開始にあたってアンケート第2弾の回答を募集中です。こちらもよろしくお願いします!

コンピューターと健康に関するアンケート第2弾

 

アンケート調査結果

 

(7月1日・内容更新しました)

前回のポストで募集したアンケートにご協力くださった皆さま、ありがとうございました。100人の回答が集まりましたので、回答募集を終了しました。このアンケートの結果は現在準備中の企画のデータとして使わせていただきますが、どんな数字が出ているか興味をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますので、以下に結果をまとめました。企画の詳細については近日中に発表します。

集計結果

このブログの他Twitter、Facebook、メールで回答を募集し、100人の方の回答をいただきました。アンケートの設問が2パート構成になっていて、最初は質問1〜2と3〜10を別々のページに分けていたため、2ページ目があることに気づかない方もいたようで、質問3〜10については1〜2よりも回答数が少なくなっています。

パート1

質問1

問1

オンラインで募集をかけている影響もあるかもしれませんが、毎日4時間以上という回答が圧倒的に多いです。「日によって使用時間が大きく変わる」というコメントが複数あり、またコンピューターよりもiPadを使う作業時間が多いという方がいました。

質問2

問2

「聞いたことがない」と「聞いたことはあるが内容は知らない」を合わせると90%近く、92人中実際に使用しているという回答はたった6人。厚労省が2002年に制定したガイドラインですが、10年以上経ってもなかなか普及していないようです。内容を知らないという方は、以下のリンクをぜひチェックしてみてください。

厚労省サイトの関連ページ

神奈川県予防医学協会の解説ページ

参考書紹介(過去記事)

パート2 

質問3〜10では、コンピューターを長時間使って仕事をしている人がかかりやすい症名について、どの程度知っているかを聞きました。

やはり圧倒的に知名度が高いのは腱鞘炎ですね。「聞いたことがない」という人はほとんどいませんでした。「具体的な知識がある」「診断・治療経験あり」「かかっているかも」を合わせると回答者の半数近くになります。

また 上腕骨上顆炎も「聞いたことがない」という回答が少ない症名でしたが、これはテニス肘・ゴルフ肘というわかりやすい通称がついているせいでしょう。スポーツ関連の怪我としては聞いたことがあるが、コンピューターで発症するとは知らなかったという人も多そうです。

残る8つについてはどれも「聞いたことがない」がトップになりました。

3

4

5

6

7

8

9

10

アンケートにご協力ください

このブログ、すっかり放置状態になっていましたが、実は裏でこっそり企画を温めておりまして、その準備の一環として、仕事でのコンピューターの使用と健康に関する簡単なアンケートを作りました。

できるだけ多くのデータを集めたいと思っておりますので、よろしかったらご記入ください。アンケートは無記名で全10問、回答所要時間は5〜15分程度です。以下のボタンをクリックすると、アンケートが開きます。

「コンピューターと健康に関するアンケート」に回答する

 

ご協力ありがとうございます。

お勧めビデオ・コンピューター作業の姿勢

YouTubeでとても役立つビデオを見つけたので紹介します。

How to correct posture at a computer
コンピューター作業の正しい姿勢について

Part 1: モニターや椅子の高さ調整

Part 2: 坐骨で姿勢を支えることの重要性

どちらも英語ですが、わかりやすい説明でとても参考になります。これの日本語版があったらなあ…。

ビデオの先生ドクター・スティーヴのYouTubeチャンネルには、他にも姿勢と健康に関するアドバイスビデオがたくさんありますので、ぜひチェックしてみてください。英語のリスニング練習にもなる?(笑)
http://www.youtube.com/user/posturedoc

いくつかピックアップすると…


上のビデオは普通に椅子に座ってデスクワークをする場合のアドバイスでしたが、こちらでは(1)バランスボールを椅子代わりにする、(2)立位でデスクワークというふたつの方法についてアドバイスがあります。ちなみに私はハードコピーでのチェック作業等を立位でやってます。バランスボールは小さいのしかなくデスクでは使えないのですが、テレビを見る時にバランスボールに座るようにしてます。このビデオを見て、大きいのも買おうかなあと思いました。ビデオでちらっと言及されていたトレッドミル・デスクに興味があるんですが、さすがに高いので…。



去年は右肩の痛みでさんざん苦しめられたので、このふたつは肩の痛み関係のビデオ。説明がわかりやすいのが良いです。「肩関節はゴルフティーとゴルフボール」「肩甲骨をテントペグで胴回りのコルセットに固定するイメージ」「肘/肩甲骨を尻ポケットに入れる」「痛み止め薬を飲むのは火災報知機の電池を抜くようなもの」等々、直観的な表現がとても巧みでなるほどと思います。

ドクター・スティーヴのブログはこちら。
http://www.gettoyourcore.com/

参考書紹介・現代のコンピューター労働と健康

先日読んだ本を紹介します。

現代のコンピューター労働と健康

Project Tokyo 2010でのプレゼンで、1990年に導入された欧州指令 “The minimum safety and health requirements for work with display screen equipment” (ディスプレイスクリーン機器使用作業に関する安全衛生上の最低必要条件)について紹介しましたが、その後の取材の中で、日本にも同様の文書があることがわかりました。2002年に厚生労働省が発表した「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」)です。このガイドラインは厚生労働省のサイトに掲載されていますが、その策定の背景や経緯、ガイドラインの内容をわかりやすく紹介しているのがこの本、現代のコンピューター労働と健康 (働く者の労働安全衛生入門シリーズ)です。

著者の宮尾克教授はコンピューター労働と健康問題の研究が専門で、この問題に関する厚生労働省の検討会委員も務めたという経歴の持ち主だそうです。

内容は読みやすいようコラムやイラストをたくさん取り入れている上、後半は資料集になっているので本文の量は多くなくさっと読めてしまいますが、この資料集がなかなかのお役立ち。ガイドラインの全文が解説付きで掲載されているほか、労働安全衛生総合研究所というところで出している「パソコン利用のアクション・チェックポイント」というパンフレットが転載されていたり、コンピューター作業の前、作業中の休憩時、作業終了後に行う体操がイラスト付きで載っていたりと、実践に役立つ情報がたくさん盛り込まれています。